« ふれあいエコフェスタ2009 『ありがとう』感謝祭 | トップページ | Gライン石川 エコンロ体験会 金沢SATY »

2009年10月12日 (月)

原発解体~世界の現場は警告する~ NHKスペシャル

NHKスペシャル『原発解体~世界の現場は警告する~』を見た。これまで漠然としていた原子力発電の問題と恐ろしさを再確認できた。http://www.nhk.or.jp/special/onair/091011.html 地球温暖化問題で転換期をむかえるエネルギ-。火力発電所に比べ二酸化炭素を出さないという理由で世界各国はチェルノブイル事故以降一旦停止していた原子力発電所新設計画を再び立ちあげた。残念ながら太陽光や風力水力では安定的な発電は望めないため、火力や原子力が大規模発電の柱である。日本で放射性物質の廃棄場所といえば青森県六ヶ所村が知られているが、コンクリ-トで何重にも覆われた地下何百メ-トルもの穴に放射性物質を入れて隔離する方法が取られている。しかし現実には日本でも世界でも放射性物質を棄てる場所が無い。また古く使われなくなった原子炉の解体が進んでなく、莫大な費用(税金)がかかる。解体までを想定して原子力発電所は作られていなかったため、解体会社は放射性物質に被爆しないように試行錯誤で作業をおこなわなければならない。放射性物質に触れた全ての物質はその量は多かれ少なかれ汚染されてしまう。水も空気も塵も埃も配管のボルト一本でも放射性物質になる。特に廃棄される原子炉は核燃料が無いのに、その原子炉自体が放射能を出し続ける物質になってしまう(放射化する)らしい。テレビを見終わった後、被曝とはどんなことなのかネットで調べてみた。実は放射能に被曝するということのイメ-ジが具体的に浮かばなかったからである。原子爆弾で被爆し放射線をあびた人でも長く生きている方もいる。チェルノブイル原発事故でその後ガンになった人が増えたと言う話しも聞いたことがある。それでも具体的なイメ-ジが浮かばなかった。検索しているうちに10年前茨城県東海村で起きた臨界事故で亡くなった方のNHKテレビ番組が見つかった。大変痛ましい事故で、被曝された方を救うための83日間にも及ぶ医療チ-ムの懸命の治療記録ドキュメンタリ-である。結局残念なことに83日目に亡くなられた。

http://scrapjapan.wordpress.com/2008/12/20/nuclear/ 放射線被曝をするとどうなるのか?看護婦さんの証言が印象的であった。『入院された時は、特別変わった様子も無く、手が赤くはれ上がっていたことと顔が日焼けした感じぐらいで、普段どおりの会話をしたりして元気そうに病室に入ってきた。』放射能に被曝すると何故怖いのか?被曝した瞬間には血が流れたり熱が出たりの痛みが無い。そして放射能自体は目に見えない。ますます不思議だ。その数日後の検査と様態の悪化で被曝すると言うことの具体的な症状と怖さを知った。それは遺伝子の染色体が全てずたずたに破壊されてしまうということ。それは何を意味するのか?。新しい細胞が生まれないということ。新しく血が作れない。皮膚も作れない。免疫細胞も破壊される。人間の身体を形成している細胞が壊されてしまうと言うこと。こんな恐ろしい放射能で発電している原子力発電で日本の電気の30%が作られている。日本の原発だから安全なのか?原子力発電所に長くたずさわった方の証言もリアルである。そこで働く人、業者、近くの住民、近くでとれる魚。全て放射能汚染を受けている。その方は既に癌で亡くなっているが、何十年と長期にわたり原子力発電所の現場にいた方の告白である。原子力発電の本当の怖さを語っている。http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

電気が環境に良いと信じている人が多いのには正直驚く。ニュ-スで化石燃料と地球温暖化の話しがあがるたび、電気自動車や太陽光発電の話題になる。オ-ル電化住宅のコマ-シャルは電力会社、ハウスメ-カ-、家電量販店等が次々と発信している。その売りはエコキュ-トをはじめとする環境性をPRする。ガスや石油は目の前で燃焼し、電気は目の前では燃焼しないので環境にいいのは電気だと信じている人が多い。火力発電で作られる電気は35%程度で残りの65%の石油エネルギ-は無駄に棄てられている。その事実を説明すると原子力発電ならCO2が出ないからいいという話しにすりかえられる。でもその原子力の問題点と放射能の恐ろしさを再確認した今、これからの電気は自宅で発電する太陽光や風力、ガスで発電する家庭用燃料電池エネファ-ムにシフトする必要がある。一方で節電を謳い、一方でオ-ル電化を進める電力会社の広告にも疑問を感じる。大量に電気を消費するオ-ル電化は、必ず方向転換を向かえるはずである。

|

« ふれあいエコフェスタ2009 『ありがとう』感謝祭 | トップページ | Gライン石川 エコンロ体験会 金沢SATY »

コメント

瀬下さん初めまして

NHKスペシャルをご覧になって原子力発電にご興味を持たれたのは結構な事です。
実際原発最大のアキレス腱は・・・高レベル廃棄物の処理場が無いと言うもので、コレは何処の国も抱えている問題です。

さてその問題を掘り下げた時に、平井氏作とされる「原発がどんなものか知ってほしい」に辿り着かれたのでしょうが・・・申し訳ありませんが掘り下げ方が中途半端です。
当該文章の名前で検証すれば・・・幾多の反論が存在することが判るはずです。
そして原発の実体は大概反論の方に真実が書かれています。

少なくとも引用された当該文章を反原発の大元にするのは・・・論理的では有りません。

投稿: レイニー | 2009年10月20日 (火) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発解体~世界の現場は警告する~ NHKスペシャル:

« ふれあいエコフェスタ2009 『ありがとう』感謝祭 | トップページ | Gライン石川 エコンロ体験会 金沢SATY »